• <menu id="yy446"></menu>
  • ここから本文です。
    知床國立公園の寫真

    公園の特長

    流氷がつなぐ豊かな生態系、火山が生んだ山々と海岸斷崖が織りなす雄大な景観
    指定:昭和39年6月1日
    陸域:38,954ha
    海域:22,353ha
    北海道
    アイヌ語で「地の果て」を意味する「シリ?エトク」を語源とする知床は、まさに日本の最東北端に位置します(北方領土を除く)。
    知床國立公園は、火山活動や流氷などによって形成された険しく雄大な景観と、野生生物の豊かさに特徴づけられます。特にヒグマやシャチなどの大型哺乳類や、絶滅の恐れがある大型の猛禽類も多く生息し、それらを頂點として、様々な野生動物が相互に関係しあい、色濃く息づいています。
    こういった生物の多様性と海?川?森の生態系のつながりが評価され、平成17年7月には知床は世界自然遺産に登録されました。

    世界自然遺産

    世界遺産の基準を満たすとして認められた知床の自然の特徴?価値を分かりやすく言えば、(1)流氷がもたらす海の恵み、(2)サケ類がのぼる川が結ぶ海と陸とのつながり、(3)海?川?森が支える貴重な野生生物の3つです。
    <登録基準「生態系」>
    ?知床は北半球で最も低緯度に位置する季節海氷域であり、その影響を大きく受けた高い生産性がみられ、海と陸の生態系の相互関係の顕著な見本である。
    <登録基準「生物多様性」>
    ?知床は海洋性及び陸上性の多くの種にとって特に重要であり、これらの中には多くの希少種が含まれている。
    ?知床は多くのサケ科魚類、トドやクジラ類などの海生哺乳類にとって世界的に重要である。
    ?知床はケイマフリなどの世界的に希少な海鳥類や、オオワシやオジロワシなどの渡り鳥の生息地として重要である。

    地形?景観

    知床連山の寫真

    知床連山

    知床連山
    知床半島は、長さ約70km、幅は基部で約25kmの細長い半島です。半島の主峰である羅臼岳の山頂からは、両側の海からそそり立つように1,200~1,600mの急峻な山々が一列に連なっている圧巻の景観を望むことができます。知床連山と呼ばれるこれらの山々は、火山活動によって形成されたものです。
    斷崖の寫真

    斷崖

    知床岬の寫真

    知床岬

    斷崖
    半島西側の海岸線には高さ100mを超える斷崖が続いています。これは流出した溶巖が、流氷に激しく浸食されて形作られたものです。また、フレペの滝のように、溶巖の間に地下水が流れ、斷崖で滝となってオホーツク海に流れ落ちている光景も多く見られます。これらの険しい斷崖は、人々の進入を拒み、ケイマフリなどの海鳥類の貴重な繁殖地になっています。
    一方、流氷が強い勢いで接岸しない半島の東側は、比較的なだらかな海岸線が続き、先端部までコンブ漁の番屋が多く點在しています。このように、知床では、中央にそびえる知床連山を境に、半島の西と東で対極的な地形が見られるのが特徴です。

    植物

    知床では標高に応じて様々な植生が見られ、低いところから順に、トドマツやミズナラ、イタヤカエデなどからなる針広混交林、ダケカンバ林、ハイマツ帯が広がります。陸上の維管束植物相は872種からなり、そのうち233種が高山植物で、シレトコスミレなどの希少種も多く含まれます。
    シレトコスミレの寫真

    シレトコスミレ

    動物

    哺乳類は、陸上哺乳類36種、海生哺乳類22種の生息が確認されています。これらの中には、トド、マッコウクジラといった國際的に希少な種も含まれます。また、知床の代表的な動物といえば、日本最大の陸上動物であるヒグマです。知床半島の生息數は少なくとも200頭以上と推測され、世界でも屈指の高密度であるといわれています。
    ヒグマの寫真

    ヒグマ

    鳥類は285種が記録されており、絶滅危懼種であるシマフクロウやオジロワシ、クマゲラなども生息しています。また、國立公園や周辺地域は、オオワシにとっては越冬個體が1,000羽以上になる世界的に重要な越冬地です。
    海の生きもののイラスト
    陸の生きもののイラスト
    このように、たくさんの野生動物が狹い範囲の中で生息していけるのは、知床ならではの海、川、森のつながりによるところが大きいのです。
    知床に到來する流氷は、アイス?アルジーと呼ばれる植物プランクトンを伴ってやってきます。春になり流氷が溶けると、アイス?アルジーは爆発的に増殖し、それを食べる動物プランクトンが増えます。サケ科魚類の稚魚が、これらの動物プランクトンを食べながら知床を旅立ち、海を數年回遊した後に、知床に戻ってきます。そして、川を遡上するサケは、ヒグマやワシ類の食料となり、陸域の生態系の礎となっているのです。

    文化

    サケ漁の寫真

    サケ漁

    知床では、古くから狩猟や漁労、植物採取などをしながら、豊かな自然を大切にした文化を育んできました。
    現在でも、地域の主要な産業である漁業は、生産力の高い豊かな海に支えられ、シロザケ、カラフトマス、スケトウダラ、コンブなどの水産資源の持続可能な利用が図られています。
    我和少妇同事做
  • <menu id="yy446"></menu>